アクア(MXPK)のラゲッジランプをスイッチ付きLEDに交換する

アクア(MXPK)のラゲッジランプにはスイッチが付いておらず、バックドアを開けると点灯しっぱなしになります(ただし一定時間経過すると自動消灯する)

ルームランプをLED化するついでにラゲッジランプをスイッチ付きのLEDに交換してみました。


純正交換タイプのLEDを購入

アクア用では無いのですが、トヨタ純正交換タイプのLEDを発見したので購入しました。

トヨタ汎用01 LEDラゲッジランプ LG-TY01(2,200円)


アクア用のコネクタを購入

アクアは特殊なコネクタ形状になっているので別途専用コネクタを購入する必要があります。

必要な資材

・コネクタ「2P090-1160-M-tr」(264円)
・オス端子「M090-SMTS」x 2 (264円)

端子を加工するのが面倒だったので配線付きの物を購入しました。


プラス線の向きを確認する

検電計を使ってプラス線(赤)を差し込む位置を確認します。

位置を確認したら、カチっと固定されるまで端子を差し込みます。


本体を分解してハンダ付けする

当初は圧着端子で結線していたのですが、黒線側のハンダ付けが甘くもげてしまいました…。

という事で、しかたなく本体を分解してハンダ付けし直しました。金属のカバー部分のプラスチックの爪を広げて分解します。

熱収縮チューブを使って確実に絶縁+保護します。

金属カバーを元に戻して完成、念のためにケーブルチューブを巻いています。


車両に取り付けてみる

めちゃくちゃ明るくなった。しかもスイッチでON/OFFできて最高です。ハンダ付け出来る人におすすめのカスタマイズです!(この製品のアクア対応を気長に待つのも良し)


注意点

作業途中でLEDが光らなくなりヒューズ切れた?とヒューズボックスを調べても異常なし。

何十分か経過すると、ルームランプ・ラゲッジランプは自動消灯する仕様のようでした。車両の電源を再度ONにすると復旧しました。