HYPER SBIのユーザー アカウント制御の警告を停止する

最終更新日


SBI証券の取引ツール「HYPER SBI」を起動する度にWindowsの「ユーザー アカウント制御」の警告画面が出てしまうのが毎日の小さなストレスでした。

ユーザーアカウント制御全体を無効にすると警告は出ませんが、セキュリティが低下してしまうので困ります。

試行錯誤の結果、タスクスケジューラを利用して何とか、HYPER SBIのみ警告を停止する事ができたので方法をシェアします。


HYPER SBIのインストールフォルダを開く

僕の環境だと
C:\Program Files (x86)\SBI SECURITIES\HyperSbi
となっていました。このフォルダが存在しない場合は「x86」の無い「Program Files」フォルダだと思われます。

フォルダ内の「ETHtsMain.exe」が起動ファイルです。このファイルのショートカットを作成します。

アイコンを「右クリック」→「送る」→「デスクトップ(ショートカットを作成)」を実行します。

作成したショートカットの「プロパティ」を開き「リンク先」をコピーします。
"C:\Program Files (x86)\SBI SECURITIES\HyperSbi\ETHtsMain.exe"
リンク先はこのようになります。


タスクスケジューラを起動して新しいタスクを作成する

・「全般」→「名前」を「HyperSbiNoUac」とします。

・「全般」→「最上位の特権で実行する」をチェックします。

・「操作」→「新規」で「プログラムの開始」を選択し、プログラム部分に先程のリンク先をペーストするか、参照ボタンで「ETHtsMain.exe」を選択します。

・「OK」を押してタスクを保存します。


ショートカットのリンク先を変更する

先程デスクトップに作成したショートカット「ETHtsMain.exe」を右クリックで「プロパティ」を開き「リンク先」を以下の内容に変更します。

C:\Windows\System32\schtasks.exe /run /tn HyperSbiNoUac

ショートカットを実行すると、タスクスケジューラ経由の「最上位の特権」で「ETHtsMain.exe」を開くことになり、ユーザーアカウント制御の警告を停止出来るという仕組みです。


ショートカットのアイコンを変更する

リンク先を変更するとショートカットのアイコンが初期化されるので、HYPER SBIのアイコンを選択し直します。

アイコンファイルは以下の場所にあります

C:\Program Files (x86)\SBI SECURITIES\HyperSbi\Image\ShortCut.ico


これで何年もイライラしてきた小さなストレスが無くなりました。楽天証券のマーケットスピードや、auカブコム証券のkabuステーションでは、このような警告は一切出ないので、HYPER SBIの作り方が古めかしくヤバいというだけなのですけどね…。

スポンサーリンク

シェアする